オナホを長持ちさせる洗浄方法とは?

TOPへ
オナホにはテンガみたいな使い捨てタイプもありますが、くり返し使えるような商品も多く存在します。 せっかく買っても、丁寧に扱わないと数回で壊れることもあります。 長持ちさせるための洗浄のコツをいくつかあげてみました。

洗浄のコツ1.オナホを安易に裏返さない

裏返して洗浄するのは、入口に大きな負担をかけることになります。
材質によってはしばらくすると、裂けてしまうことがあります。
いろいろ試されている方がいるので、裏返す前に、ネットなどで情報は仕入れましょう。
オナホールは、同じものでも品質にもかなりのバラつきがあります。(いわゆるアタリとハズレ) このオナホは裏返せる、裏返せないと一概には言い切れませんが、このメーカーのオナホはやめたほうが良いとかなど、傾向はつかめると思います。
例えば、セブンティーンシリーズなどの2層構造ものは、なにも考えずに裏返して洗っていると、入口付近の接合部分から剥がれていきます。

洗浄のコツ2.オナホの洗浄は水か中性洗剤を使おう

本当は、水で気長に洗うのが一番です。 でもいやな匂いが残るので、「洗剤使いたい!」っていう方は、中性洗剤を使いましょう。 間違って強い洗剤を使うと、変質してしまってしばらくすると裂けてしまうことがありますので注意が必要です。 洗剤を使ったら、中に洗剤が残らないように、何回もすすぐことをお忘れなく!

洗浄のコツ3.洗浄後は中をキッチンペーパーで拭きとる

オナホを水で洗ったあと、オナホについている水を良く切ります。 中の方も、トントンと軽く叩いて水を出しておきましょう。 そして、しっかりとした材質のキッチンペーパーで包んで、最初に外側をふき取ります。 その後で内側をふくのですが、 裏返せないオナホールの場合は、キッチンペーパーで中指などを使って奥のほうまで水をふきとり、ドライヤーで中を十分に乾かします。 裏返せるオナホールの場合は、クルッと裏返してキッチンペーパーでふきとり、ドライヤーを素早くかけます。 乾かし終わったら、すぐに元に戻しましょう。そのまま放置しておくと、避ける原因になります。 その他の注意点としては、拭き取る際、破れやすいティッシュは使わないことです。 オナホにティッシュカスがいっぱい付きます。 最後に濡れティッシュで、アルコール消毒すると良いでしょう。

洗浄のコツ4.保管は袋につつんで暗所に

ビニール袋につつんで、変質しないよう日光のあたらない場所に保管します。 オナホは、紙袋なんかに入れておくと油が染み出てきますので、ビニール袋が良いでしょう。 個人的には、食品によく使われている、ジップロックがオススメです。 人目について困る場合は、遮光性のある袋に入れておきましょう。 また、オナホは性質上、いろいろなものにくっつきやすく作られています。 袋内も清潔にしておかないと、オナホにゴミがついたりもしますので要注意です。

コメント

* が付いている欄は必須項目です

「もっと刺激が欲しい」とか「気持ちいいことシテみたい」なんて思うと欲しくなるのがアダルトグッズ!購入するのに、いろいろ迷っている人は、ココでアマゾンとDMMのアダルトグッズの価格をひと目でチェック!